Menu

遮熱工事

Home

遮熱工事

Work at roof

夏は涼しく、冬は暖かく エアコン不要の遮熱対策!

トップヒートバリアーとは
タテヤマルーフが提案するトップヒートバリアーは太陽からの輻射熱の98%を反射することができます。輻射熱は物に当たると熱を発生し、その物体の温度を上昇させる性質をもっています。この輻射熱は断熱材では殆どカットすることができません。一般的な断熱材に輻射熱を当てると90%以上が熱となり、夏は熱の固まり、冬は冷熱の固まりとなってしまいます。
トップヒートバリアーでは、この輻射熱の98%を反射することによって、真夏に38℃でもエアコン不要の環境を作り出すこともできますし、冬場も同様の効果を発揮しますので、大幅な省エネが実現できます。

トップヒートバリアーを使用した遮熱工事の効果

遮熱

遮熱のもう一つの特徴は、輻射熱がカットされると体感温度が変化することにあります。室内温度が体温36.5℃以下の温度では熱さを感じにくくなります。逆に冬場は低温でも寒さを感じにくくなります。

●相対的には11.8℃の温度低下
 施工前:室温は外気温より6.3℃高い
 施工後:室温は外気温より5.5℃低い

●プラス体感温度の変化
 輻射熱をカットすると体感温度が変わります。

嬉しい省エネ♪驚異的な電力削減!

遮熱工事

「トップヒートバリアー」は、NASAで開発された高性能な遮熱シートです。宇宙の超高温、超低温環境下で対応するために開発された遮熱材を、日本の技術で改良を重ね、世界一高性能な遮熱シートとして生まれたのが「トップヒートバリアー」です。

トップヒートバリアー遮熱工法を利用すると、全熱量の85~90%にあたる夏の屋根からの熱の侵入の95%をカットできます。 個人宅でも一回の施工でほぼ半永久的に持つため、ランニングコストがかからず電気代の節約となり大変経済的です!
>> メーカーのホームページはコチラ

料金比較